日本有数のヒラメサーフ!仙南サーフで「フラットフィッシュ」

サーフ

 

 

近年フラットフィッシュの人気が高まってきていますね。そんな私もフラットゲームに熱中している一人でもあります。私が本拠地としている仙台市南部の砂浜一帯は仙南サーフと呼ばれ、県内外から多くの人が集まってきます。その仙南サーフにフォーカスし見ていきましょう!

 

仙南サーフってどこ??

仙南サーフは一般的に名取川河口以南の砂浜一帯を指すことが多いいです。具体的には、下図の黄色で示したところです。基本的にはこの範囲のすべてでヒラメ、マゴチを狙うことができます!!

宮城県・岩手県沖は暖流と寒流の交差点、つまり潮目となっていて、様々な魚種を狙うことができます。

 

よく釣れるオススメポイントは?

サーフは広大ですがどこでも同じように釣れるというわけではありません!サーフ動画をyoutube等で見てみると、「地形の変化を見る」とか、「潮の流れをつかむ」とか聞きますが、正直言って初心者がそれを考えながら釣りをするのは厳しいです。そこで、優先すべきポイントを2つ紹介します。

 

名取川河口・阿武隈川河口付近

河口付近は汽水域とも呼ばれ、小魚がよく集まるポイントです!基本的にはベイトフィッシュ(エサとなる魚)の多いというのが釣れるポイントです。仙南サーフエリアで有名な河口といえば名取川と阿武隈川でしょう。これらは有名なスポットだけに人も多いですが、釣果は折り紙付きです!!ぜひ行ってみましょう!またここでは、フラットフィッシュだけでなく、シーバスも有名なので、その目的で入っても釣果が期待できます^^

こんな素敵な景色がサーフからは見られますよ!

しかし現在、名取川河口付近では建設等の工事が活発に行われていますので、工事の人の邪魔にならないように注意し、立ち入り禁止区域には入らないようにしましょう。先行者の人がそのような場所に入っていっても真似してはいけません!!

 

堤防沿い・テトラポット周りなど

ベイトフィッシュがいるもう1つの要素としてストラクチャーというものがあります。堤防沿いやテトラポットのようなものの周りにはベイトが集まりやすくなっています。

堤防とかテトラポット周りにヒラメはいるの?と思う人もいるかもしれません。正解はサーフと同じくらいいる!です。ヒラメ等は砂地を中心にいますが、仙南サーフ区域の堤防下は基本的に底は砂です。堤防の上からでも数十メートル投げればそこはもう砂地なのです

したがって、堤防からでもフラットフィッシュは十分狙うことができます!

 

サーフで他に釣れる魚は?

Angler, Fish, North Sea, Waters

サーフエリアはたくさんの魚種が見込めます!一部ですがその中で狙って損の無い魚種を紹介したいと思います!

 

青物(ブリ系、カンパチなど)

青物は釣り人の「夢」ですよね!引きも楽しめて、美味しくて言うことなし!そんな青物がサーフからでも釣れます!

かといって年中青物が釣れるというわけではありません。実際には6月から11月くらいまでです。釣れる前半時期はイナダサイズの40センチ前後の数釣りをすることができます。回遊とぶつかることができれば毎投当たりがありますよ!この時期には、ショゴ(カンパチの子供)の回遊も見られます。

後半10月、11月にはワラササイズが釣れます!しかし、イナダサイズの時ほどの数釣りを見込むのは厳しい印象があります。しかしブリが上がったという情報もあるので行く価値はあると思います!

 

シーバス

サーフシーバスも人気なターゲットの一つですよね。もちろん仙南サーフでも狙うことができます。

シーバスは年中釣れる印象がありますが、最盛期は9~10月です。

ワタリガニ

宮城のサーフの隠れた名物といえばワタリガニですね!驚くほど自然にルアーに反応してきます。

 

釣れるときは1日10杯近く釣れるときもあります。外子が多いので逃がしてあげる人も多いですが味は絶品!カニの引きも楽しめて美味しかったら一石二鳥ですね^^

釣れる時期は6~8月と限定的ですが、狙う価値は十分ありです!

この写真は釣ったワタリガニをカニ飯にしたときのものです!絶品ですよ~♪

 

いかがだったでしょうか?この記事を参考に皆さんも是非仙南サーフで釣りをしてみてはどうでしょうか?

コメント

  1. turkce より:

    I enjoy the efforts you have put in this, regards for all the great content. Carena Adolphe Sandry

タイトルとURLをコピーしました